女の子に人気のお稽古は?

>

女の子だから、なにかひとつでもお稽古させたい

楽器を始める前に、リトミックを

リトミックは、子供が小さいうちにいきなり楽器に触れさせるのではなく、遊びの中で音を聞いて感じる経験を重ねていくうちに、自然と音の本質を理解し身につけた上で、楽器に触れさせてみるといった、音楽教育であり情操教育です。
音を組み合わせて音楽を作ることの楽しさや喜びを、音で表現していく中で、旋律を作っていくことへの興味と音感を育む、表現能力のトレーニングにもなります。
生後1歳にも満たない子供でも、母親と一緒に参加できることもあって、人気のあるお稽古となっています。
まず音に触れることで、身体を動かし表現することに喜びを感じたら、それを表現するための道具として、自分にあった楽器を見つけ出していくという第一歩が、ここにあるのです。

好きな楽器と続けられる楽器

自分の内から沸いてくる音を、表現するためのツールとして、ピアノやエレクトーンやバイオリンがあります。
それが理解できても、何を習うか決めるのは、子供にとってはとても難しいことかもしれません。
昔から、好きこそ物の上手なれといわれているように、好きでやっていることには、誰しも一生懸命にもなるし、工夫を凝らして熱心に努力をするので、上達が早いと思われます。
また、上手く出会えて続きそうなら、楽器を購入することになります。
たとえばピアノなら、はじめから高額なものを買い与えるのではなく、比較的リーズナブルな電子ピアノから始めて、レベルにあわせて買換えていく人も多いようです。
ただ、バイオリンは体にあわせたサイズのものが必要になるので、ある程度の出費は、覚悟しないといけません。
それでも、可愛いわが子や孫のためには、お金は惜しまないと考えれば、将来のための先行投資は、止むを得ないのかもしれません。


この記事をシェアする